campingcarキャンピングカー大好き人間集まれ! > キャンピングカー 中古車 > キャンピングカーを中古で買うことのデメリット

キャンピングカー 中古車

キャンピングカーを中古で買うことのデメリット

中古車キャンピングカーを買いましたわーい(嬉しい顔)なかなか状態のいい車なのですがデメリットふらふらもたくさんあります。

一番のデメリットはもちろん「消耗していること」です。車は移動する機械です。常時振動や衝撃にさらされ、消耗や故障は避けることができませんもうやだ〜(悲しい顔)キスマークぴかぴかぴかぴか(新しい)の新車に比べ、使った分だけ消耗していますし、寿命も短くなります。そして、過去の修理歴や整備歴がよく分からないのも少々困りますたらーっ(汗)

現車を見せていただいてから購入しましたが、正直なところ素人に判断できる部分は僅かです。ライトひらめきが切れたり、オイル車(セダン)がなかったり、消耗のタイミングを予測できないふらふらのは、どうしようもありません。またキャンピングカー特有の事情として、ダイネットの汚れや傷があります。

メインの居室であるダイネットは、オーナーが自分の趣味に合わせて改装をすることが多いため、それを繰り返すうちに、壁や天井にねじ穴や傷ができます。使いやすさを追求すればそのようなキズが増えるのは理解できます。でもやはり新品に比べるとかなりのデメリットですよね。
新車はもちろんですが、中古車でもそう安くはありません。あまり値段が下がらないのもキャンピングカーを中古で買うことのデメリットかもしれません。

<<キャンピングカー中古車をネットオークションで探す♪ | campingcarキャンピングカー大好き人間集まれ!トップへ | キャンピングカー ハイエースが人気♪>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。