キャンピングカー ハイエース

人気のハイエース キャンピングカーが欲しい♪

ハイエースは、トヨタ自動車で生産されている人気ひらめきのワンボックスカー車(セダン)です。日産・キャラバンが最大のライバル。フジテレビの「あいのり」で「ラブワゴン」として使用されていますよねるんるん

初代モデルは 1967年に登場。以後、何度もマイナーチェンジを繰り返し、4代目 100系ハイエース(ハイエース 100(100系))を経て、現行モデルは、5代目 200系 ハイエース(ハイエース 200(200系))。

3ナンバー専用のワンボックスカー・グランドハイエースをはじめ多くの人気車種ひらめきがあります。ハイエースは、キャンピングカーのベース車としても重宝されています。わーい(嬉しい顔)

インターネット上でも、ハイエース 中古車情報をはじめ、ハイエース 改造 カスタムパーツなどを扱った専門店などが数多く出店しています。ハイエースをベースにしたキャンピングカーはその中でも大人気グッド(上向き矢印)キャンピングカーのメジャー級かわいいです。

価格帯は、ほとんどが500万を超える車ばかりで「たか〜い」という印象を受けます。

しかし、実車を見れば、飽きのこないユッリタリとした開放的な室内や充実した諸々の装備等で、自宅のリビングがそのまま走っているような感覚exclamationキャンプや旅行を趣味にしている人にとっては欲しい車ナンバー1なのではないでしょうかぴかぴか(新しい)

キャンピングカー ハイエース

キャンピングカー ハイエースの魅力♪

ハイエースキャンピングカー最大の魅力は何?「ホテルの予約?出発時間?」そんな事は一切気にしないでいいというところですよねexclamation

キャンピングカーに飛び乗って、そこからバカンスの始まりです!

予約、時間、食事何にも縛られずに楽しむるんるんことができますexclamation
素敵な景色の場所を探して目、星空の下食事を楽しむかわいいホテルみたいに、「何時からご夕食です」なんて時間制限もありません。日帰り温泉をみつけてゆっくり温泉に浸かって下さい。

キッチンも付いてますので、地元の新鮮な食材を買って調理してみるのもいいかもしれませんねわーい(嬉しい顔)

サンルーフから星ぴかぴか(新しい)を眺めつつ、語り合う、家族の絆も深まるのではないでしょうか。

普通のキャンプだと、テントやタープをはる作業に手間がかかります。雨や風が強かったらもうお手上げふらふら・・・。その点、ハイエースのキャンピングカーだと、お天気に左右されることなく、リビングでくつろぐ感覚で過ごすことができますよねひらめき

買うとなるとかなり高いですし、維持費もかかるし、保管場所も大変!今、レンタルしても2〜3万ほどで借りることができるので、レンタルが良いかもひらめき

キャンピングカー ハイエース

キャンピングカー ハイエースのバンコンがいい♪

キャンピングカーが流行っていますよねぴかぴか(新しい)購入を考えているので、人気ひらめきハイエースをベースにした扱いやすいバンコンバージョンモデルをみ目てきました。

ハイエースといえば、NEW新車販売の不振が続く国内自動車市場としては納車待ちが数ヶ月といわれるぐらい、珍しくグッド(上向き矢印)大ヒットるんるんとなったワンボックスです。洗練されたエクステリアデザインが人気の要因となっているようですわーい(嬉しい顔)

外観がノーマルと同じながら、ハイエース・フリークスのスライドドアを開けてインテリアをのぞいて目みると、そこは立派なラウンジのようでしたかわいい後席は横長のソファ2つを対面するかたちで設置してあり、後席に座る場合は進行方向に対して横に向いて移動することになるのかな?最大で8人座れ、4人が向き合って移動することになり、これはちょっとしたバスツアーを楽しめそうです

かわいいワイワイガヤガヤキスマークと、移動中は楽しい空間になるのだろうなぁわーい(嬉しい顔)とても座り心地がよく、大変気に入りましたexclamationもちろんシートは、通常の状態から大人3人が就寝可能なベッドにアレンジ可能です。子供がいる4、5人の家族で使うとしても問題ない広さになっていました。う〜ん、これは欲しいですネわーい(嬉しい顔)お値段はやはりかなり高いですふらふら今、レンタルもできるので次のレジャーはキャンピングカー体験をしてみようと思います。そして気にいったら購入を考えても良いかもるんるん

キャンピングカー ハイエース

キャンピングカー ハイエースをレンタル♪

キャンピングカーが今、話題ひらめきになっていますよねわーい(嬉しい顔)キャンピングカーといえば大きな外車を想像しがちですが、国産車のワゴンやワンボックス、軽自動車などのキャンピングカーもあるんでするんるん

キャンピングカーの購入を考える時、まずは、 「安く」手に入れたいですよねexclamationキャンピングカーは普通に新車で買うと、普通車の倍はかかります。少しでも安く・・・と思うのが当然の成り行きわーい(嬉しい顔)
ハイエースの中古でいいのはないか。などなど、色々と考えてしまいますかわいいそれでもぴかぴか(新しい)新車ぴかぴか(新しい)で買うとかなり高い印象がありますふらふら
おまけに維持費も結構しますし・・・。もうやだ〜(悲しい顔)

いっそのこと、買うことはあきらめてレンタル、っていうのも良いかもしれませんね。
ハイエースのキャンピングカーをレンタルするるんるん
最近のキャンプブームも手伝って、思ったり割安で、ハイエースのキャンピングカーのレンタルが可能なようです。

なかには、ペット同伴でもOKというキャンピングカーもあるようなので、ペットと家族と一緒に、ハイエースのキャンピングカーをレンタルして、レジャーを楽しんではいかがでしょうかわーい(嬉しい顔)

キャンピングカー ハイエース

キャンピングカー ハイエースが人気♪

キャンピングカーは大きく3つのタイプに分類されます。ワンボックスバンやミニバンの骨格をそのまま用いたバンコンバージョン(バンコン)、運転 / 助手席以降にオリジナルのキャビンを組み合わせたキャブコンバージョン(キャブコン)、けん引するタイプのキャンピングトレーラーの3つです

またバスをベースに架装したバスコンバージョンもあり、キャンピングカーとしてこれは大型タイプとなります。

国内ではバンコン、キャブコンが主流となっているようです。キャブコンは、キャビンを作りかえるわけですから、ノーマルボディを使うバンコンよりスペースを拡大することができ、設備、ぴかぴか(新しい)居住性に優れたキャンピングカーぴかぴか(新しい)となります。外観は特有のフォルムを形成し、見た目に一番キャンピングカーらしいのがキャブコンでしょう。

一方、見た目目が市販車と変わらないバンコンは、一番扱いやすいキャンピングカーといえるでしょう。人気ひらめきハイエースは、レクビィのオリジナルキャンピングカーであるハイエース・フリークス。ロングワゴンDXをベースとしていますわーい(嬉しい顔)その外観を見る限りでは、通常のハイエースとなんら変化はありません。通常ナンバーなので普通免許でOK!パーキングスペースにも困らないですよねるんるんるんるんるんるん


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。